援助交際。この危険な関係に全てをつぎ込む人がいます。「この不景気によくお金があるなぁ…」と思う方も多いでしょうが、そもそも援助交際を希望する男性は、ギャンブルに熱中して懐具合も忘れてしまう…というのと同じ感覚ですね。

そもそも援助交際は、素人の女の子にお金を払って交際するのですが、「援助交際しない?」という誘いに乗ってくる女の子は、慣れている子ばかりです。「3万円くれないと、このプレイはイヤ!」とプロ顔負けのお金の要求をしてきます。そんなに払うなら風俗にも行けそうなのですが、援助交際している男性は「素人ならではの興奮がいい」と言うところでしょうか。しかし、これは間違いなく違法です。一時の快感よりも、何か起きた際のデメリットは比較になりません。大人の判断ができる皆さんは、援助交際には手を染めないで下さいね。

最近では、女性がお金を払う「逆援助交際」もあります。女性の社会進出が進み、男性よりも女性の方が収入が高いというケースも少なくありません。逆援助交際を希望する女性は、基本的にこのような「お金に余裕はあるが、精神的に寂しい」といったキャリアウーマンや中年女性に多いようです。

実は「援助交際」などの性問題は、経済状況に大きく左右されるのです。不景気になると思うような仕事に就けなくて、身体を売ろうとする女性が出てきますし、好景気になれば自然に減少する傾向にあります。自分のお金ですから、どう使おうと勝手ですが、そこに関する法律は理解しておいて下さい。

わがままがいえるサービス

逆援助交際は女性が男性にお金を渡して、わがままがいえるサービスです。相手は自分のいうことをきいてくれるそういうものなので

女性にとってはとても気分のいいものですね。

しかし相手は使用人でも何でもないのです。お金で言うことをきくという契約をした人です。

あちらに親切にしてあげれば、男性のほうだって何かしろと言わなくても気をつかってくれるでしょう。

相手をただ不快にさせるためのお願いなや、あまりにも酷い注文はいけません。そういったことをしても嫌な気分になるだけですし

基本的に後味が悪くなるようなことはしないほうがいいですよ。

もっと相手と親密になりたいとか、優しくしてほしいというのなら、無茶は言わないほうがいいです。気に入った相手がいても

あまりにぞんざいに扱うとじゃあもう会わないよとなります。そういう酷い態度が普通だとは思わないことです。

逆に相手と相性がいい場合、きちんと接していれば長い付き合いが出来るということもあります。

もちろんそれをあなたが望んでいるかどうかが問題ですが。人の気持ちというのは代わります。肉体関係だけでいいと

思っていても付き合っているうちに好きになってくるということもありえます。ただ最初はお金ではじまった

関係ですので、付き合いたいと思うのならそれなりの配慮がいるかもしれませんが。男性側はお金か身体が目的で

付き合おうと思っているでしょうし、好きになってはいけないと自分に言い聞かせて付き合っているかもしれません。